コツコツとした作業が多い!繰り返しの業務が平気な人

ルールやマニュアルを守れる人

製造業などの工場では、ライン作業が業務の主軸となります。具体的には組み立てや成型、梱包など同一作業の繰り返しとなるものです。それ故、このような作業に向いているのは、単調な作業を飽きずに行える性格の人だと言えます。また、工場のライン作業はルールやマニュアルに沿って行われるのが一般的です。作業内容によっては危険物を扱うケースもあるので、ルールに従って適切に対処する必要があります。ルールやマニュアルは、品質管理の面でも重要な意味があります。それ故、自分勝手に作業内容を変更したりせず、不明な点は直ぐに上司や先輩に相談することが大事です。このように、工場勤務に最適なのはルールを守り、単純作業をコツコツできる人です。

従業員同士の交流は必要

ライン作業には黙々として働くイメージがあり、従業員同士のコミュニケーションが薄いと思われがちです。但し実際は、前工程と後工程と密な連絡が求められます。また、同工程においても、お互いに教え合ったり、後輩を指導したりと従業員同士の交流が求められるものです。特に将来的にリーダーになる人は、高いコミュニケーション力が必要になります。工場には、ライン作業以外にも様々な作業形態があります。細かな作業が苦手な人は、倉庫内の資材管理や運搬業務などが選択肢として挙げられます。また製造業の工場では、交代制や夜勤があるケースも珍しくありません。特に大規模な工場では、一年を通じてライン作業が行われます。そのような職場では、柔軟にシフトに対応できる従業員が重宝されます。