接客が苦手な人は工場勤務が最適

工場は接客に自信がなくても活躍できる

工場勤務は、接客に自信がなくても活躍する事ができます。工場勤務は、工場内で作業をしていく仕事になりますが飲食店や販売業と違ってお客さんとコミュニケーションを取るような事がほとんどないです。つまり接客が苦手な人でも仕事に支障がでないので、問題なく作業ができて仕事で成果を上げられるでしょう。もし、コミュニケーションを取る場合でも同じ工場で勤務している人たちと仕事の話や挨拶などをするレベルなので人と日常会話できるレベルであればOKです。

ただ、1つ注意点があり工場の事務勤務になると来客対応や電話対応などがあり、この時に取引先の人とコミュニケーションを取ります。つまり、接客が苦手な人は工場勤務をする場合事務以外で働くようにしましょう。

多少のコミュニケーションは必要

工場勤務は、接客スキルが必要ないので接客が苦手な人でも可能ですが注意してほしいのがまったく人とコミュニケーションを取らないわけでないという点です。基本は、一人で作業したり同僚と協力しながら黙々と作業をしていく事になります。ただ、同じ作業場の人とコミュニケーションを取りながら連携して作業をしていく場合もあります。その時に、上手く会話できないとなかなか連携が取れずに作業工程でミスがでてしまう可能性があるので注意しましょう。 また、一人作業の場合でも同僚に挨拶をしなかったり、休憩の時コミュニケーションを取りたくないからといって他の人とは違う場所で一人で休憩していると、同僚から絡みにくいとマイナス評価を受けてしまいます。そうなると、昇進や昇給にも響く場合があるので、最低限のコミュニケーションをとって行きましょう。